2020年度 福岡女学院大学 「サウンド・デザイン」

2020年 福岡女学院大学 「サウンド・デザイン」

木曜2時限目

講師: 松浦知也

授業内容

本授業、サウンド・デザインでは音を創ることについての実践的な知識を技術と文化の両面から身につけることを目標とする。

今日、私たちの身の回りには人間によって創られた音に溢れている。例えば音楽や映画の音響はもちろん、電化製品の報知音からコンサートホールの残響も含めることができる。

本授業では音をデザインするために必要な基礎的な知識を「物理」「計算」「知覚」「本物らしさ」「機能」「物語性」という6つの観点と結び付けて学んでいく。

また各トピックにおいてオープンソースのサウンドプログラミング環境「Puredata」を用いて音を構築する方法を実践的に学ぶ。

授業の概要

初回は授業のオリエンテーションとし、それ以降は以下6つのトピックを各2~3コマを目安に取り上げる。

  1. 音と物理 / Sound and Physics - 物理現象としての音とはそもそも何なのかについて学ぶ。
  2. 音と計算 / Sound and Computation - コンピューターの中で音はどうやって取り扱われているのかをPuredataの基礎的な操作方法の習得を通じて学ぶ。
  3. 音と知覚 / Sound and Cognition - 音は耳から入り脳へ電気信号として伝わる。その際に、人間の知覚は様々な補正を施す。こうした人間の音に関わる生理的・認知的特徴の基礎をPuredataで実際に錯聴を起こすプログラムを作りながら学ぶ。
  4. 音と本物らしさ / Sound and Fidelity - ある音を全く同じように再現しようとすることは音を創る上での基本的な行動である。しかしある音が本物らしいということはどういうことなのだろう? この疑問を音を録音、再生するサンプリング、ステレオやサラウンドなどの空間音響、音のなる仕組みそのものを模倣する物理モデリング合成といったトピックを通じて学ぶ。
  5. 音と機能 Sound and Function - 音は時に人に注意を促させたり、感情を想起させたり人に対して働きかける機能を持つことがある。これには人の認知に加えて文化的背景も効果を左右する。ある音がモノや場面、空間に合っていたり、合っていなかったりするのはどういう時か、またそれは何故かについて考える。
  6. 音と物語 Sound and Narrative - 音の機能を時間軸上で操作していけば音に物語性を持たせることができる。例えば、背景音のフェードアウトの長さを変化させることで場面の移り変わりを数秒にも数年にも感じさせることができる。このような時間に伴う音の構成方法を考える。

授業計画、各授業へのリンク

第1〜3,10回は講義音声ファイル+スライド配布による講義、その他はGoogle Meetでのリアルタイム講義を行いました。リアルタイム講義の録画ファイルは著作権及学生のプライバシー保護の観点より公開しておりません。

  1. オリエンテーション - 自己紹介の録音/ サウンドデザインとは何か?/ 履修上の注意事項の説明
  2. 音を聞き方を考える - 音の言語化、分類 - 聴取体験のレイヤー
  3. 音と物理 / Sound and Physics 音の形態と基準、クリティカルリスニング
  4. 音と物理 / Sound and Physics 音を作る方法、録音メディアと音作り
  5. 音と物理 / Sound and Physics 音を作る方法、シンセサイザー
  6. 音と計算 / Sound and Computation エフェクター100本ノック!
  7. 音と本物らしさ / Sound and Fidelity 仕組みの模倣から音を作る
  8. 音と知覚 / Sound and Cognition 人間が音を聴く仕組みについて知る
  9. 音と知覚 / Sound and Cognition 錯聴から考える音の認知
  10. 音と知覚、音と本物らしさ / Sound, Cognition and Fidelity 空間と音
  11. 音と本物らしさ、機能 / Sound, Fidelity and Function 映像音響の実際の仕事
  12. 音と計算 / Sound and Computation コンピューターにおける音、ゲーム、インタラクティブ性
  13. 音と機能 Sound and Function コミュニケーション手段としての音
  14. 音と物語 Sound and Narrative 音と物語、フィクション、体験設計
  15. 総まとめ、未来のサウンドデザイン

参考文献(2020-08-06 update)

日本語

  • 「PureData」ではじめるサウンド・プログラミング―「音」「映像」のための「ビジュアル・プログラミング」言語, 中村 隆之, I・O BOOKS , 2015, 978-4777518821
  • Pd Recipe Book -Pure Dataではじめるサウンドプログラミング, 松村 誠一郎, 2012, BNN新社, 978-4861007804
  • 聞こえくる過去, ジョナサン・スターン (著)/中川克志 (翻訳)/金子智太郎 (翻訳)/谷口文和 (翻訳), 2015, インスクリプト, 978-4900997585
  • 音響メディア史 (メディアの未来05), 谷口文和/中川克志/福田裕大, 2015, ナカニシヤ出版 , 978-4779509513
  • ポスト・テクノ(ロジー)ミュージック ー拡散する〈音楽〉、解体する〈人間〉,久保田晃弘監修,2001,大村書店,4-7563-2026-0
  • Handmade Electronic Music 手作り電子回路から生まれる音と音楽,Nicolas Collins著/久保田晃弘監訳/船田巧訳,2013,オライリー・ジャパン,978-4-87311-595-5
  • チップチューンのすべて All About Chiptune ゲーム機から生まれた新しい音楽, 田中治久(hally),2017,誠文堂新光社,978-4-416-61621-5
  • エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史,田中雄二, 2018,DU BOOKS,978-4866470566
  • 未来の〈サウンド〉が聞こえる 電子楽器に夢を託したパイオニアたち, マーク・ブレンド/ヲノサトル(訳), 2018, アルテスパブリッシング,978-4865591910
  • Sound Design 映画を響かせる「音」のつくり方, デイヴィッド・ゾンネンシャイン/シカ・マッケンジー(訳), 2015,フィルムアート社,978-4845915651

英語

  • Designing Sound, Andy Farnell, The MIT Press, 2010, ISBN-13: 978-0262290203
  • Foundations in Sound Design for Interactive Media, Michael Filimowicz編,Routeledge,2019,978-1138093942
  • Designing with Sound: Fundamentals for Products and Services, Amber Case&Aaron Day, 2018, O’Reilly Media,978-1491961100

連絡先

連絡の際は氏名、受講生の場合は受講年度などを添えて連絡してください。

teach[at]matsuuratomoya.com